2015年05月31日

ワンハンド・ガンハンドリングについて(3)


 片手での銃の操作時によく見られる光景が、弾倉や操作中の銃を見ている(顔を向けている)ことです。練習の最初の段階では動作の確実性のためにその様なことも必要ですが、顔(目線)は正面や周囲に向けたまま操作出来るようになる必要があります。上の写真の射手は操作中の銃を見ていますが、これは戦術的には誤りです。

 敵がまだ周りに存在する(或は可能性が1%でもある)以上、不意を突かれないためにも周囲の警戒は絶えることなく続ける必要があります。しかしながら、操作中の銃などを凝視してしまうと、警戒能力は自ずと下がってしまい、下手をすると知らない間に回りこまれたり撃たれたりします。地底人と戦っているのであれば地面を注視しておく必要がありますが、地上を移動する敵と戦っている以上、目線や顔を下げることは極力避ける必要があります。

 また片手で拳銃の装填や排莢不良を解消させる際に、立膝の姿勢をとってブーツの踵に排莢口や照門を引っかけてスライドを引く手法を教えるスクールがありますが、経験上その手法は実戦的とは言えません。その様な手法を教えるスクールでは大抵の場合、奇麗に整備された芝生や土の射場で訓練をしています。戦場が市街地だけならほぼ問題ないでしょうが、野外では植生や泥など銃にとって故障の原因となるものが多く存在します。その様な環境で同じようにブーツの踵を使ってスライドを引くとどうなるか?
  1.ブーツに付着した泥が銃の可動部に入り込む危険性がある。
  2.下方に突き出した銃の銃口が地面の泥などに突っ込む危険性がある。
  3.膝を付いた場所が深い草に覆われている場合、銃の可動部に草などが引っ掛かる危険性がある。
とざっと3つもやってはいけない理由が挙げられます。

 そこで一番便利かつ安全な場所がベルトのバックルですが、勿論手探りでバックルに照門を引っかられるように訓練する必要があります。さらに繰り返し行うとファステックスのバックルは直ぐに壊れてしまいますので、金属製のバックルが好ましいです。

 その他、全ての手法や手順にはやる理由・やってはならない理由がありますが、ここで記載するには時間がかかり過ぎますので省かせて頂きます。詳しく知りたい方は、一度トレーニングを受講して下さい。

終わり
  

Posted by Shadow Warriors Training at 21:04小ネタ

2015年05月22日

ワンハンド・ガンハンドリングについて(2)


 夜間や明りの無い室内では、ウェポンライトがなかったり故障した等の理由により、片手で銃を保持しもう片方の手でライトを保持しなければならない場合があります。このケースでは一時的にライトから手を離して両手で銃を操作することが可能ですが、切迫した状況下では片手で銃を操作した方が早い場合もあります。

 また、近年では一部の部隊では防弾盾を装備していますが、盾は捨てる訳にはいきませんので必要な場合は射撃を含めて片方の手で銃を操作する必要があります。

 そして最悪のケースが敵の弾に当たって片手が使用不能になった場合です。こうなれば銃の操作だけでなく、負傷した腕の処置も残った方の手1本で行う必要があります。

 これらは拳銃に限ったことではありません、自動小銃、機関けん銃、散弾銃、狙撃銃、機関銃と自分が装備する銃器全てについて同様です。装填、排莢、射撃、故障排除の全てを利き手でも非利き手でも100%の正確さとある程度の速度にて実施出来るようでなければ、実戦への準備が完璧とは残念ながら言えません。

(3)へ続く


 -SWTのプロ用コースでは、移動間射撃だけでなくワンハンド・ガンハンドリングにも重きを置いてトレーニングを行っています。-  

Posted by Shadow Warriors Training at 22:54小ネタ

2015年05月17日

ワンハンド・ガンハンドリングについて(1)


 ワンハンド・ガンハンドリング=片手だけでの銃の操作のことです。決して片手での射撃だけではありませんので、間違わないで下さい。では片手だけでの銃の操作とは何をすることなのか?それは射撃だけでなく、ホルスターからのドローや弾倉交換、果ては故障排除に至るまでの全ての行為が該当します。

 これらは利き手・非利き手共に等しく訓練する必要があります。始めはゆっくりと考えながら、徐々に精度と速度を上げて行き、最終的には目隠しをしてでも確実な動作とスピードが発揮出来る様に頭だけでなく身体に染み付かせます。では何故、片手だけでのガンハンドリングが重要なのか?ワンハンド・ガンハンドリングが必要となる局面としては、様々な局面が挙げられます。

 最も一般的なのがバリケードとなる遮蔽物と自身との位置関係上、両手で構えて撃つには身体が露出し過ぎる場合です。しかしこの場合は片手で射撃した後、遮蔽物の陰に入れば両手でその他の操作を行うことは可能です。

 次がおそらくより現実的ですが、どの部隊でもあまり想定した訓練を実施していない、負傷者などを片手で押さえ込んでいたり連れていたりする場合です。負傷者などが歩ける場合は、一時的に手を離して両手で銃を操作することも可能ですが、担架搬送などを行っている場合は担架を握る手を離す訳にはいかないので、射撃以外の操作も片手で行う必要があります。

(2)へ続く

-因みに、写真は停止間射撃でのワンシーンで、使用銃はグロック19です。標的までの距離は約3メートルで、黒点の大きさは直径約7センチです。黒点を外した箇所にはテープで修正してあります。-  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:07小ネタ

2015年05月10日

USポリス事情(2)


 では、前回の映像を戦術的側面から見ていきましょう。

考察事項1:
 部屋に入る際に被疑者の友人から現状を確認し、被疑者が刃物を所持していることを知ります。その段階で、友人女性を建物から出るように指示しました。ここで考え得るリスクとしては、友人女性が何らかの武器を隠匿しているケースです。他の警察官の対応がカメラアングルからも音声からも分かりませんが、アメリカだけでなく日本でも別の警察官が女性を離れた場所へ誘導して所持品検査を実施すべきです。協力的な対応をしているからといって100%信用出来る訳ではありません。挟み撃ちに遭いたくなければ、別の警察官にこの女性の身柄を任せるかパトカーの後部座席に収容するなどの措置が必要です。ただし拘束する訳ではありませんので、あくまでも「保護」のための措置としてです。

考察事項2:
 部屋の奥に潜んでいる被疑者に対して、刃物を捨てて出てくるように指示しています。強い口調ではあるものの、シンプルで明確なメッセージを伝えています。ここではだらだらと長い文言を謳うべきではありません、交渉の段階ではないからです。被疑者に対する指示/命令とは、自分が言いたいことを伝えるのではなく、映像の警察官の様に「被疑者にとらせたい行動」が何であるのかを確実に伝えることが重要です。
 アメリカでは被疑者が武器を携帯している可能性がある場合は銃を予め取り出して撃てる状態に構えることが可能ですが、日本ではその段階で構えることは出来ません。しかしながら、ホルスターの蓋だけでなく安全止革を外して直ぐに取り出せる状態にしておくことに法的な問題はありません。

考察事項3:
 部屋の奥に刃物を所持した被疑者の姿を確認し、更に強い口調で刃物を捨てる様に指示します。被疑者が前に出るに合わせて、適度な距離を保って後退します。相手との間に遮蔽物がない場合は、距離を取るしか手近な身を護る手段がありません。この映像のケースでは椅子や机が手近にありませんでしたが、あれば被疑者の進路を妨げるように椅子を転倒させるなどして後退の時間稼ぎをすることも出来ます。では交番勤務の警察官が路上で職務質問中に職質対象が突然襲って来きたとしても一時的に身を護るには、どの様な戦術があるでしょうか?必要であれば転倒させて対象の進路を妨害出来る位置に警ら用自転車やバイクを停めることです。その際官品に傷が付きますので、上司や会計課はうるさく言うでしょうが、自分にとっては官品の破損よりも自分の命が重要ですから割り切るべきです。

考察事項4:
 刃物を構えて前進してくる被疑者に対して射撃をする旨の警告/予告をしますが、従わずに前進を続けるので「自己防衛」のために引き金を引きました。被疑者の身体のどの部分に命中したのかは映像からは分かりませんが、武器を持っていますので肩から上腕辺りが狙点になります。その様な小さな標的は、停止間射撃と移動間射撃とではどちらが命中させ易いでしょうか?勿論停止間射撃ですが、武器を持った被疑者が眼前まで迫って来ていますので移動間で射撃せざるを得ません。従って、普段の射撃訓練では現実的な状況を想定して移動間射撃も含んだドリルを実施すべきです。
 また、日本の官庁では全くと言っていい程訓練に取り入れられていないものがあります。それはホルスタードローからの射撃です。ホルスターに完全に銃を納めた状態から何秒で銃を抜いて標的に命中させることが出来ますか?質問の意味を取り違えないで下さい。何秒で抜いて発射出来るかではありません。何秒で抜いて命中出来るかです。相手が迫っている状況では、抜いて撃っても当たらないや、抜いて命中させるまでに時間が掛かり過ぎるようでは良くて受傷事故、悪くて殉職です。
 銃を抜いてから命中させるまでに要する時間を訓練で把握しておくことは大変重要です。その秒数の間に相手がどれだけ進めるのかが分かるからです。そうすることで、その秒数で相手が動ける距離以上の「間合い」を常に取る必要があることが初めて理解出来ます。

考察事項5:
 この映像のSuicide by Copとは、この映像の様な極限の状況を造って最終的に警察官に撃たれることで致命傷を得て死ぬことを目的とした「警察官を利用した自殺」のことを言います。アメリカでは非常に多くのケースがこれに当たり、警察官側に射撃を躊躇させることに繋がっています。その結果、受傷事故や殉職が後を絶ちませんが、生き残るためには「自分の命を守るためには躊躇せずに引き金を引く」心構えを普段から持っておく必要があります。適法性に悩んで命を落とすのか、生き残って自らの行動を司法の判断に委ねるのか、選択肢は2つしかありません。自分や家族にとってどちらが良いかと言うよりも、どちらが「マシ」かと言ったニュアンスが強いですが、職務として銃を携帯する方々にとっては技術や戦術を磨く以前に、極限の状態に際した「心構え」を今一度見直す必要があるかと思います。

終わり
  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:50小ネタ

2015年05月04日

USポリス事情(1)


 近年アメリカでは制服警察官の装備品として、ボディーカメラが新たに加わりつつあります。発端は、警察官による行き過ぎた法執行を抑制する目的で、警察組織外部の圧力もあって取り入れられたものですが、逆に警察側の正当性を証明する証拠物件として警察側が裁判所に提出するケースも多々あります。写真の丸で囲まれた装置の様に胸の辺りに取り付けるタイプが最も多く出回っていますが、肩に取り付けるタイプや帽子に取り付けるタイプなども存在します。今回はボディーカメラに収められた案件を紹介したいと思います。

 30分程前に発生した交通事故の現場から逃走した被疑者を追って、警察官数名が被疑者の友人宅に到着しました。被疑者の友人によれば、被疑者は刃物を所持しており自殺をほのめかしているとのことで、警察官はその友人に屋外へ出るように指示し自らは被疑者を探しに室内に入りました。被疑者に対し、出てくるように説得しますが姿を現さないことから、警察官は部屋の奥へと進みますがそこで刃物を所持した被疑者を確認します。

 警察官は応援を要請すると共に、再三に渡って被疑者に刃物を捨てるように指示しますが一向に応じる気配がなく、「刃物を捨てなければ撃つぞ」と警告を発します。それでも被疑者は刃物を捨てることなく警察官に近づいてきたことから、警察官は身の危険を感じ、ついに発砲します。動画はこちら。事件後の公判ではこの映像が証拠物件として採用され、警察官の無罪が言い渡されましたが、被疑者はこの発砲により死亡しています。

 中には「刃物を持った男を確認した段階で撃てばよい」との意見を言う人がいるでしょうが、その様な意見は映画やドラマの世界だけを見ていて、実際の法律や法執行の現場を知らない無責任なガンマニア的な意見です。警察官の任務は戦場の狙撃手のそれとは異なります。こちらの存在を示した上で誰も死傷することなく解決に向かうように「指示」をし、それに従わない場合に「警告」を発し、最終手段として「自衛措置」として発砲します。「指示」と「警告」は同時期に発することが可能ですが、「警告」から「発砲」に至るには自信や他人の生命が危険に晒された状況に陥る必要があります。単に警告に従わないだけでは発砲は許されません。この映像では、警告に背いて刃物を持ったまま警察官に近づいてきたことが、発砲の正当性を裏付ける行為となります。

 次回はこの事案を、戦術的側面から解説していきます。

(2)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 18:50小ネタ