2017年02月19日

リーダーシップとトレーニングについて(2)


 では、LP(レッスンプラン)が前回述べた3点を満たしたのであれば、次に何を準備するのか?先ず必要なことは、個々の訓練項目やドリルに明確な評価基準を設けることです。やるべきこと・やってはいけないことを明確に列記して、訓練を受ける者がそれら基準に達したか否かを判定する材料とします。これがないと、「とりあえず与えられた時間を使って色々やりました」で終わってしまいます。訓練の目的は決められた時限数を履修することではなく、訓練項目の持つ課題をこなして知識・技術を習得させることにあります。よって、教えっぱなし・やらせっぱなしでは意味がありません。訓練生のパフォーマンスを評価する基準を設け記録することで、訓練生の理解度・習得度を判別しなければなりません。

 これには2つの利点があります。1つ目は個々の訓練生が受けた訓練の内容とパフォーマンスを記録として残せることです。幾ら訓練を重ねてたところで記録が残っていない様であれば、書類上では全く訓練をしていない事と同じになります。知識的・技術的に優れた隊員を育てたところで公式な訓練記録がないようであれば、書類上では彼らは元々優れていたか、個人の努力で上達したと思われても仕方がありません。一見するとこの「書類上での記録」は馬鹿げているように思えますが、後に公務中に実力を行使する状況が発生した場合、その状況で隊員が行った行為(或は行わなかった行為)が裁判で争われることになるからです。その際に一切の訓練記録が無いのであれば、それは訓練すら無かったと結論付けられても反論する材料がなく、隊員だけでなく組織にも法的責任といった大きなダメージが与えられます。

 もう1つは訓練生の抱える問題の改善に繋がることです。パフォーマンスの内容を細かく評価することで、「何が間違っていたか」を明確に指導陣で共有するだけでなく、訓練生も見えることになります。ここでの細かい評価は決して訓練生の間違いを指摘して叱責するための材料ではありません。ここでの評価結果は、訓練生に間違いを気付かせ、再訓練に必要なポイントを絞ることにあります。

 なお、その際は一方的に間違っていたポイントを説明するのではなく、自分が何をどうしたか?何故そうしたか?を訓練生の口で語らせることが重要です。人間は間違いを一方的に指摘されると反感を抱いたり心を閉ざしたりします。また、一方的に言われた内容は脳裏に深く(長く)残りません。反対に自分で思い起させたり考え直させ、自らの行動と思考を再考証させると、正しいことに気付いた場合にその内容が強烈に脳裏に残ります。教官は単に正解を教えるだけの存在ではなく、間違いの中から正解を導き出す手助けをする存在でなくてはなりません。心理学の専門家である必要はありませんが、教わる側の心理を理解する必要はあります。

 従って、指導者やコーチを育成するには、教える内容を決めるだけで終わるのではなく、教え方により重きを置くことが重要になります。
(3)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 22:15トレーニング哲学

2017年02月07日

リーダーシップとトレーニングについて(1)


 トレーニングとリーダーシップには密接な関係性があります。ひとりの受けてとして訓練に参加しているとあまり気付かないことかも知れませんが、リーダーの立場に立つとその関係を痛感することになります。また、リーダーの立場にはないがトレーニングの内容やあり方について模索している人にとっては、自身のトレーニングへの考え方が他に伝わらないことや既存のリーダーのトレーニングに対する考え方・やり方にもどかしく感じたりしているかと思います。

 これまでSWTでは、一般隊員から中堅隊員、そして初級幹部に至るまで多くの警察官・自衛官の方々にトレーニングを受けて頂きましたが、全員に共通して言えるのはトレーニングに前向きで、新しい内容に貪欲であるという事です。ただ同時に、所属する部隊でのトレーニングのやり方に疑問を感じていたり、内容ややり方に試行錯誤を繰り返されていることが見受けられます。そこで、リーダーやインストラクターを養成する様な大それたことは私には出来ませんので、もしかすると為になるかも知れないSWT的リーダーシップ論・教育論を述べさせて頂きたいと思います。

 先ずは、リーダーシップとトレーニングの関係性について。必ずしもリーダーが全てのトレーニングを担当する必要はありません。リーダーシップの数ある重要な要素の1つに委任(Delegation)があります。隊歴の長い隊員や曹などは実体験が豊富であり、良いコーチやインストラクターに成り得ることがあります。そこで彼らに専門分野を任せることでより内容の深いことを全体に伝えることが期待出来ますが、問題はその内容と個々の素質です。リーダーは彼らの素質を分析し、人に物事を教えることが出来る人物かを見極めることが要求されます。人に物事を教えるに相応しい人物とは、一言で説明するのは難しいですが、強いて表すなら規律と研鑽と自己批判のバランスがとれた人物が該当すると思います。規律とは自らを律して口だけでなく行動によって他に見本を示すことであり、研鑽とは絶えず努力を怠らず知識と技術の維持と向上に努めることであり、自己批判とは自らの弱点を把握してその短所の克服に努めることです。

 リーダーはその様な人物を見つけ出すか、訓練して作り上げることで、自らの分身として部隊のトレーニングを任せられる存在へと教育することが求められます。何故なら、彼らが豊富な知識と経験を有するだけでなく、リーダー自身が全てを担当するのは物理的にも不可能であるからです。人選が済めば次の段階は訓練/教育内容の確認と内容の統一化に努めます。トレーニングはその内容が最新の事象に関連しているか?自分たちの置かれた状況や法的根拠、能力などに沿っているか?自分たちが遭遇し得る現実的な状況を想定しているか?の3点を満たしている必要があります。よってリーダーは実際に部下にトレーニングを任せる前に、その内容をチェックし必要であれば修正する必要があります。これを怠ると、全くもって関連性も現実性もない内容の「お遊び」に部隊を付き合わせることになってしまいます。
(2)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:10トレーニング哲学

2016年03月13日

インストラクション・ガイドライン(2)


 インストラクションを行う上でのガイドラインの続きです。

・1つの問題に対し、複数の解決法を有すること。他人の癖などを直す際に自分と同じ直し方がそのまま適用出来るとは限りません。よって、問題に対する解決法ではなく、問題を有する人に対する解決法を提供できる必要があります。

・忍耐力を失わないこと。新しいテクニックなどを教えた際に、「俺はこう教わった」や「これが自分に一番合う」と言って教えたやり方と異なるやり方などを頑なに固持する訓練生が存在します。彼らにはテクニックなどを見せて説明するだけでなく、そうやるべき理由を根気よく説明し続ける必要があります。

・説明力を磨くこと。新しいことを伝えた際に訓練生の理解が乏しい場合、それは訓練生の理解力不足が原因ではなく、インストラクターの説明力不足が原因かも知れません。1つの説明の仕方や展示では理解が得られない場合、別のやり方や見せ方を工夫する必要があります。

・ポジティブな評価を重視すること。知識や技術の間違いばかりを指摘するのではなく、その間違いに気付いたことや、間違いを修正したといったポジティブな内容を評価しなければ訓練生のやる気を維持させることは難しくなります。褒めることはご機嫌を取ることではありません。間違いは間違いとして指摘し、改善は改善として正当に評価する公平さが必要なのです。旧態依然の叱咤激励が唯一の方法であると信じ切っている人はインストラクターには向いていませんし、インストラクターとして成功しません。何かを教える・伝えるだけがインストラクターの仕事ではありません。次へのモチベーションを高めるのもインストラクターの重要な仕事です。

・改善点の指摘、矯正はその都度行うこと。一日の訓練が終わってからまとめてリストアップした悪かった点を伝えたところで、訓練生が有する問題は解決されません。ドリルを10行うのであれば、指摘・矯正のタイミングは10回あるべきです。何も指摘されないまま訓練が次々へと進んで行けば、訓練生が自分には問題がないと考えるのは自然な流れです。にもかかわらず最後の最後に問題点を指摘されたところで、もう直すチャンスは逃していますし、その際に指摘されなかったことに対して訓練生の反感や不信感を買うだけです。

・悪い点を指摘するだけや、一方的に矯正させることは避けること。訓練生が何か間違いを犯した場合、無条件でやり方を直させることは学習にはなりません。間違いがあった場合いきなりそれを指摘するのではなく、何をしたのか?何故そうしたのか?他に選択肢はなかったのか?などの質問をし、訓練生自らに間違いがあったことを気付かせる方が、本人の経験として深く脳裏に刻まれるので、同じ間違いを繰り返しにくくなります。

 簡単ではありますが、以上が一般的なインストラクション・テクニックの例です。前回の分と合わせて読まれるとお判りになったかと思いますが、インストラクターとして重要なことは教える内容よりも教え方になります。相手が1人であろが10人いようが同じです。伝えたことを相手が理解しない限り、教えたとは言えません。一般的なことであれば、伝えたことが理解されなくとも将来伝え直して理解を得る機会があるでしょう。しかし、タクティカル・インストラクターが教える内容は訓練生の命に係わることですので、下手をすると訓練の翌日に訓練生が亡くなってしまい次の機会は二度と訪れません。彼らの命を預かる身であることを再度認識して、その日の内に正しい知識と技術を理解させることが、この世界のインストラクターには求められます。前回と今回の記事が、これから部隊で指導員などの立場に立たれる方々に少しでも参考となっていれば嬉しく思います。
終わり
  

Posted by Shadow Warriors Training at 21:50トレーニング哲学

2016年03月06日

インストラクション・ガイドライン(1)


 人が新しい技術を学ぶ際には、適切なインストラクションが不可欠です。市場にはマニュアルやDVDといった媒体が溢れていますが、これらは(仮に内容が正しいものとして)知識やその背景を学ぶための教材には成り得ても、インストラクターの代わりには成り得ません。その理由は、インストラクターの仕事とは新しい技術や知識を教えることだけでなく、その場で誤りを指摘・修正したり、ヒント等を与えながら考え方や視野を広げるため手助けをすることにあるからです。特にこの世界では、その場で修正されない場合、間違ったまま身に付けてしまったことが最悪の場合死に繋がりますので、その場における「指摘・修正」は非常に重要です。当ブログをお読みの方々の中には、部隊での訓練を担当したり、これから訓練を提供する側に進みたいとお考えの方が少なからずおられる様ですので、インストラクションを行う上でのガイドラインを極一部ではありますが紹介したいと思います。

・訓練生が射撃する際は、標的ではなく訓練生を見ること。弾痕は上手かろうが下手であろうが標的に残ります。着弾箇所から射手が犯したであろう大凡の問題点は想像出来ますが、より正確に問題点を見つけて指摘するには弾痕の位置でなく射撃中の射手の挙動に注目すべきです。

・1度悪い点を見ただけで修正を試みないこと。その悪い点が癖となってしまっていることが明確となった時点で修正することが望ましいです。癖となってしまっていることを指摘しないと、たまたま1度ミスを犯した際に指摘された訓練生は耳だけでなく心も閉ざしてしまいます。

・複数の間違いを修正する場合は、より重要な点から1つずつ直すこと。訓練生が上達を実感出来るだけでなく、訓練時間が限られてる場合は命に係わる重要な部分をより重視すべきです。

・指摘や修正する場合は、1つずつ行うこと。直される側の混乱を避けることは、直される側の理解度を高めることに繋がります。集中力を切らさせないためにも、一度に複数の点を指摘することは避けるべきです。

・全体の流れを止めないこと。訓練生全員が直ぐに修正できるとは限りません。1人に多くの時間を費やして多くを置き去りにするのは避けるべきです。仮にその場で完璧に修正させることが不可能であったとしても、何が間違っているのかを本人に理解させることさえ出来れば、あとは本人で直すことが出来ます。答えやゴールに連れて行くことだけに固執せず、そこに辿り着くためのヒントや手助けをする方が、訓練生の今後の練習の為にもなります。

(2)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:35トレーニング哲学

2015年07月26日

教え方と記憶力の関係


 久しぶりに技術や戦術とは異なる、インストラクターらしいことを書こうと思います。

 「鉄は熱いうちに打て」とはよく言ったもので、時間が経過してから良かった点・悪かった点を言われても「ピン」と来ません。特に悪かった点を時間が経ってから言われた場合は、そんな行動の記憶も消えかかっているので「今更何を言うねん!」と心を閉ざしてしまう原因を作ってしまいます。この辺りについては過去のブログでも書いたと思いますが、今回はもう少し突っ込んだことを紹介します。

 物事を教えるには色々な方法がありますが、言ったり見せたりするだけの場合と実際にやってみせる場合とでは、記憶の保持の度合いが異なります。教育心理学の分野での研究結果がそれをデータとして証明しており、SWTではそれを参考にして教える内容によって教え方を変えています。具体的にどの様なデータかと言うと、大人が何かを学んだ3日後にどの程度学んだ内容を覚えているか?を異なる学び方ごとに数値化したものです。

 その研究によれば、学習の3日後に内容を覚えている割合は、
     読んだ10%だけ、
     聞いた20%だけ、
     見た30%だけ、
     見て聞いた50%だけ、
     言った70%、
     言って行った90%
となっています。

 という事で、単純な内容は言ったり見せてみるだけで良いですが、複雑な内容や技法にあっては実際に言われたり見せられたことをかみ砕いて理解させながらステップごとに実践させないと、脳にも身体にも深く長く定着させることが出来ません。更に言えば、実際にやってみせた際に、問題点があった場合にいち早くその問題点を指摘して訂正させる能力がインストラクターには要求されます。先の「鉄は熱いうちに打て」です。その場で悪い癖や間違いを直さないと、トレーニング後も「我流」のやり方として残ってしまいます。それが些細なことであれば良いのですが、銃撃戦で命を危険に晒すことに繋がるようであれば・・・

 インストラクターは知っていることを伝えるだけの身勝手な存在ではなく、訓練生の命を預かっている責任感がなければ勤まりません。  

Posted by Shadow Warriors Training at 21:29トレーニング哲学