2018年10月21日

戦術・作戦の柔軟性について(1)


 過去のブログで作戦計画には主となるものも含めて合計4つの案を用意しておくことを書きました。それらは、PACEプランと呼ばれ、それぞれPrimary、Alternate、ContingencyそしてEmergencyを意味します。全ての細かい事にこのPACEプランを持てという訳ではないですが、作戦計画はあくまでも大筋であり、絶えず変化する状況に応じて臨機応変に対応(または順応)していかないと、時間と戦力を無駄にしてしまうことに繋がります。

 第2案、第3案へと移行することは決して作戦の目標を変化させることではありません。例えば建物の奪取であったり人員の回収であったりと、作戦の目標は当初より変わることはありません。計画を変更させるということは、その目標を達成するためのやり方を変えるという事です。

 特にCQBでは状況の変化のスピードが速いことと交戦距離が近いことから、問題が起こってから考える余裕は殆どありません。よって、問題を予期し、それらへの対応策を事前に選択肢とすることが特にリーダーの立場に立つ者には求められます。そして、CQBにて最も厄介な場所であり下手をすると部隊への大きな損害を避けられないところが、階段です。

 階段は廊下と同じく次のフロアや部屋へと続く「通路」ですが、廊下と決定的に異なるのはそこでの戦いは3次元になることです。また、廊下では手近な部屋に身を隠すことも出来ますが、廊下は逃げ場がありません。よって、階段の移動は極力速やかに行う必要があり、逆を言えば長い時間階段に身を置くことは避けるべきです。このため、廊下を次の部屋へと移動するための「道路」と表現するのであれば、階段は次のフロアへと移動するための「高速道路」と表現されるべきです。
(2)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 22:09小ネタ

2018年10月08日

CQB戦術、ソロvs.チーム(5)


 接敵した際に後退することを良く思わない風潮があるのは事実です。少々の損害を出してでも前進を続けていくことで、全体として攻撃を継続させているイメージに繋がります。しかし、前進しながら損害を出し続ける様であればいずれ消耗し戦えなくなります。

 紙の標的を相手にCQB訓練をした気でいるだけでは、選択肢として後退する訓練を行うことは勿論、後退を選択肢として考えるマインドセットも訓練することは出来ません。CQB訓練は野戦よりも戦況の変化が激しく、また接敵距離も近いことから条件反射に近いレベルの反応や対処能力が求められます。そしてこの対処能力は紙の標的を相手にした訓練では養えません。紙の標的はあくまでも動きや技術といった基礎レベルのものを訓練するためのものであり、戦術を訓練するには自由意思を持った生きた人間を相手にする必要があります。

 自由意思を持った人間を相手に訓練弾を用いて撃ち合う訓練を経験すると、必ずしも前進を続けることが正しいと限らないことが体験として理解出来ます。一時的な後退は目標達成を遅らせることになるかも知れませんが、損害を食い止められるのであれば機は残ります。撃つことと撃たれないことと、生き延びるためにはどちらが重要か?この選択を誤ると、目標達成を焦るあまり必要以上に損害を生じさせ、結果として損害を出し過ぎたことで作戦目標を達成出来ずに終わることになりかねません。

 敵戦力の撃滅が作戦目標である場合、その目標は変わることはありません。少々の損害を出してでも突き進むのか、それとも危うければ一度下がって別の戦法や方向から戦うことを選択するかは目標を達成するための手段に過ぎません。目標に固執するあまり臨機応変に手段を選べなくなってしまっては、目標の達成はより難しくなります。そしてこの臨機応変さを身に付けるには生きた人間を相手としたForce-on-Force訓練が必要です。それを経験することで、初めてマインドセットの意味を理解することが出来ます。

終わり
  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:45小ネタ

2018年09月23日

CQB戦術、ソロvs.チーム(4)


 では、2歩目に対するコミットメントとは具体的にはどういう事なのか?それは、戸口やコーナーを超えようとマインドセットを固めた際に、1歩目に続いてそのまま同じ進行方向に2歩目を出すことを前提としているか否かの違いです。

 前回ソロとチームでは各員に与えられた責任範囲(AOR)が異なると述べました。そこではペアやチームでは仲間に背中を任せられるとも述べました。つまり逆の言い方をすればソロでは背中を任せられる仲間がいないという事です。そのため、単独で戸口やコーナーを超える際には危険を感じた場合はそのまま2歩目を同じ方向に出して突入を続けるのではなく、2歩目で元に戻る(再び戸口やコーナーの陰に入る)ことを常に戸口やコーナーを超える前から選択肢の1つとして考えておく必要があります。

 勿論、一般的な建造物においては戸口やコーナーは遮蔽物(Cover)ではありませんので、敵の弾は抜けてきます。よって、交戦し後退せざるを得ない場合は2歩目で元の位置に戻るだけでなく、そのまま後退し続ける必要も生じます。ですが、戸口やコーナーを超えた瞬間に複数の敵を確認したもののまだ敵はこちらに気付いていない場合は、2歩目で元の位置まで戻り戸口やコーナーを「隠蔽物(Concealment)」として活用することが出来ます。
 
 常に先へ先へと進むことを優先するのか、後へ下がることも視野に入れているのか。ソロの場合とペアやチームでの場合とでは戦術の選択肢が異なりますので、切り替えが上手く出来ないと戦術的優位性を失うことに繋がります。なお、ここで言う「切り替え」とは適用する戦術や身体の動きのことも勿論指しますが、それらの根本となっているのは何度も言っているように「マインドセット」です。
(5)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 22:56小ネタ

2018年09月09日

CQB戦術、ソロvs.チーム(3)


 では具体的にソロ戦術とチーム戦術とではマインドセットにどの様な違いが生じるのか?先ず挙げられるのは、担当範囲(責任範囲/AOR・Area of Responsibility)の違いです。ソロでは360°全てを自ら担当しなくてはなりませんので、要所要所においては焦らずに立ち止まって複数の方向からカットパイをするなど、不用意にコーナーや戸口を超えない様な注意が必要となります。勿論この際、攻撃の速度は落とすことになりますが、どの程度落とすかや、どの位の角度をカットパイするかなどは状況により異なります。単独犯のアクティブシューターへの対処の場合と、複数の立て籠もり犯とを相手にする場合とでは己自身の安全確保に割く時間も変わってきます。

 これがチームでとなると仲間に背中を預けることが出来ますので、要所要所でストップする時間が短縮出来ます。仲間がいれば一度に複数の方向からカットパイすることが可能ですし、コーナーや戸口を超えた先でも互いに背中を預けて一度に別の方向を警戒・対処することが可能となります。よって、ソロで行動するよりも全体の動きとしてのスピードは上がることになります。ただし、それはチームワークが機能した場合の話であって、チームワークが機能していない場合は残念ながら、と言うか当然のことながらソロの場合よりもスピードは劣ります。

 ではコーナーを曲がるにせよ戸口を超えるにせよ、ソロの場合とチームとの場合でマインドセットとして何が最も根本的に異なるのか?それは2歩目に対するコミットメントです。
(4)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:53小ネタ

2018年08月26日

CQB戦術、ソロvs.チーム(2)


 マインドセット(戦術的心構え)なしでは優れた身体能力や最新の装備もそのポテンシャルを一切発揮することなく終わります。戦術的心構えとは、突入の際の単なる勇気や、交戦に備えた攻撃的な思考などと勘違いされることがありますが、実際はそうではありません。戦術的心構えとは、正しくは、深い状況認識からなる自己及び敵の戦術的優位性と劣性の理解を基にした任務を遂行するための行動原理のことを言います。

 言葉で書くと少々難しく感じますが、要するに与えられた状況下でやるべき事を如何に早く正しく認識出来るかのことです。紙の標的を相手にした訓練とは異なり、自由意志を持った人間を相手にした闘いでは刻々と変化する戦況をより正しく理解し、己が取りたい行動(=理想)と取れる行動・取るべき行動(=現実)の違いを明確に区別出来ないと不用意な行動や無駄な行動を取って戦術的優位性を失うことになります。戦術的優位性とは、例えば、バリケードに対する自己の立ち位置や、部屋への突入の際の戸口への進入角度などが挙げられますが、これらは敵の位置(或は敵がいると思われる位置)や部屋や建物の構造を予測しなければ正しい立ち位置や進入角度を見出すことは出来ません。

 従って、射撃技術や戦術よりも、先ずはマインドセットが必要となります。そして、ソロとチームでは当然個々に与えられる条件や制約が異なりますので、ソロの場合とチームで行動する場合とでは戦術のベースとなるマインドセットそのものにも違いが出てきます。この違いが判らずに切り替えが出来ないと、最悪の場合自己のみならずチームを危険に晒すことになります。
(3)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:01小ネタ