2018年07月22日

射場のデザインと訓練レベルについて(4)


 ではこのシリーズの最後に、キルハウス(シュートハウス)は必ずしも全方位型射場であるべきか?について何点か述べさせて頂きます。360°方向に射撃が可能なキルハウスを建設するには、広い土地と多くの予算が必要になります。例えば官公庁によく見られる部屋の配置を模したキルハウスを建てる場合、通常の官公庁のレイアウトと同じサイズで造る訳にはいきません。何故なら、壁や扉の全てに対弾性能を持たせる必要がありますので、通常の壁や扉よりも分厚くなります。よって、部屋の内寸は同等でも、壁などの厚みが増すことから、敷地面積も通常の建物より広いものを必要とします。

 さらに、一度設置した防弾設備が永遠に使えることはないので、被弾の状況にもよりますが点検と保守(交換)が必要になります。これを怠ると、対弾性能の弱くなった部分に運悪く命中した弾が壁を突き抜けるといった事故に繋がります。

 
 弾が集中的に当たる場所は、勿論、標的の後ろ側になります。そこで、上の写真のように、標的を設置するターゲット・スタンドそのものに高い対弾性能を持たせたものを使用して標的後方の壁面への損害を少なくさせるといった方法もあります。ただしこの手法には1つ問題があります。それは、射手の技量です。いくら標的に集中する弾を食い止める措置がなされても、射手の腕が悪く標的そのものを外れた弾があった場合は壁面の損傷は間逃れません。


 では予算に限界があり、対弾能力のある壁や扉を用いたキルハウスが造れない場合は、いかに工夫すればより実戦的な訓練が出来るのか?その答えは標的の設置方向にあります。部屋や廊下がどの様な構造であれ、標的の設置方向をダウンレンジ側に統一させれば、標的とその後方の壁を突き抜けた弾は、ダウンレンジにあるバックストップにて喰い止められます。例えば北側にバックストップのあるレンジにベニヤ板などで仮設のキルハウスを造る場合、部屋や廊下がどちら向きかを問わず全ての標的を北を背にして設置させます。


 そうすることでキルハウスの造りによらず射撃方向は全て北側に統制されますので、パイプとビニールシートの組み合わせからなる移動式のキルハウスでも訓練は可能です。

 弾が突き抜けることを前提とした簡易型のキルハウスを用いることは、安全管理上あまり好まれないのは理解しています。ですが、実際の家屋を掃討する場合、その家や部屋は弾を完全に喰い止めることは可能でしょうか?多くの場合、不可能です。よって、突入前の作戦立案には、部隊の突入方向や射撃方向、移動する際の合図や位置関係の把握などをチームで話し合う必要があります。つまり、対弾性能のあるキルハウスを用いるよりも、簡易型キルハウスを用いる方が射撃以外の重要な部分をも訓練科目として実施することが可能となります。

 金をかければそれこそインスタ映えする施設を造ることは可能ですが、訓練に必要なことは金をかけた施設を用いて訓練した気分に浸ることではなく、頭を鍛えることです。レンジであろうばキルハウスであろうが、設備の不自由さを逆手に取れば、逆により実戦的な訓練が可能になります。
終わり



Posted by Shadow Warriors Training at 23:11 │小ネタ