2018年03月25日

タイムラグ短縮への挑戦(3)


 第1回、第2回では射撃・運動・連携(Shoot・Move・Communicate)の射撃と連携に大きく関わる部分についてケーススタディを紹介しましたが、今回はそこに運動(Move)を加えた場合でのケースについて説明します。

 敵へプレッシャーを与えるために前進する、あるいは敵から遠ざかるために後退するには、誰かの援護射撃下になければ動くことは出来ません。この様なケースでは、「Move!」や「Moving!」などと言葉を交わして移動するタイミングを互いに計る必要がありますが、「動きたい」といった自分がやりたい事と、「動いて良い」といった仲間による許可が一致しなければならず、誰かが撃っているからといって必ずしも自分が動いて良いタイミングであるとは限りません。効果的な援護射撃が確立していない状況で移動すると、敵からの弾を集中的に喰らうことになります。

 よって、仲間から「Move!」と言われない限り、何度「Moving!」とリクエストを続けようとも動くことは出来ません。ですが、「Move!」のリクエストに対する「Moving!」の答えを受けてから移動することがデフォルトとしてSOPだけでなく身体に染み付いていた場合、移動するタイミングが来ても移動が遅れる事に繋がりかねません。どういう事か説明すると、誰かが効果的な援護射撃を確立出来た後に、こちらからの「Move!」のリクエストを待たずして「Moving!」と指示する場合もありますが、その際に直ぐに移動する場合と、もう一度「Move!」・「Moving!」のやり取りを挟んでから移動する場合とでは、移動するタイミングにタイムラグが生じます。

 Shoot・Move・Communicateは遅滞なくスムーズに行われる必要があります。このサイクルで遅れが生じると、その隙を敵につかれて対応が後手に回ってしまうことに繋がります。敵よりも早く、敵よりも効果的にShoot・Move・Communicateを実施出来た側に勝利の女神は微笑みます。チーム戦術では特にCommunicateの部分が重要ですが、訓練を積まないとこのCommunicateの部分がいち早く機能しなくなります。個人的な技術を磨くだけでなく、Communicateを戦術として捉えて高度な訓練を繰り返すこともタイムラグの短縮へ重要な課題となります。
(終わり)
  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:52小ネタ

2018年03月18日

タイムラグ短縮への挑戦(2)


 同じ様な現象は、ペアやチームによる射撃の際の互いのコミュニケーションにも見受けられます。例えばペアを組んで一方が射撃をしている間にもう一方が弾倉交換などを行い、撃っている者の弾が切れた際にもう一方の射手と素早く射撃する役割を交替する場合です。

 この様な状況では、弾が切れた射手が「カバー!」と叫び自身の銃が弾切れになったのでもう片方の射手に掩護を依頼し、掩護要請を受けた射手は素早く射撃を行い敵勢力の制圧に努めます。ここでの最も重要なポイントは、射手が交替する際に発生する「撃っていない時間」を出来るだけ短縮することにあります。この間隙が長ければ長いほど、逆に敵に射撃をさせる時間を与えてしまいます。

 ですが多くの場合、一方の射手が「カバー!」と叫んだ後に、もう一方の射手が「カバリング!」などと叫んでからチームとしての射撃が再開される現象が見受けられます。「カバー!」との問いかけに対し、「カバリング!」と答えたい気持ちは分からなくもないですが、「カバリング!」は射撃しながらでも叫ぶことが可能です。また、「カバー!」というバーバル・コミュニケーションに対し必ずしも「カバリング!」とバーバル・コミュニケーション(Verbal Communication)で返す必要もありません。射撃といった行動をノンバーバル・コミュニケーション(Non-Verbal Communication)と考えれば、「カバー!」との言葉による問いかけに対し「射撃」という行動による答えで返すことでもコミュニケーションは完成します。

 実際その方が、「カバリング!」と叫んでから射撃をするよりも、誰も撃っていない射撃の空白の時間を短縮することが可能です。また、射撃をしながらでも「カバリング!」と叫ぶことは可能ですので、射撃しながら言葉を発することを普段から意識しトレーニングを積むことが必要となります。
(3)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 21:23小ネタ

2018年03月12日

タイムラグ短縮への挑戦(1)


 接敵から射撃までのタイムラグが長いと命取りになるのは今更言うまでもないですが、タイムラグを短くする上で見落とされているものがありますので、言及したいと思います。

 安全装置を外す、銃口を素早く敵に向ける等々、タイムラグを短縮するための個人的な「技術」は磨くことは簡単です。ですが、その様な方でさえチーム戦術となると、接敵から射撃(応戦)までのタイムラグが生じ易くなります。リーダーシップに係る問題もありますが、最も大きな要因はコミュニケーションが絡むことによるものです。

 戦闘間における重要な仕事は、射撃・運動・連携(Shoot、Move、Communicate)の3つしかないですが、コミュニケーションとは言葉を用いるバーバル・コミュニケーション(Verbal Communication)と、手信号やアイコンタクトなどのように言葉を要しないノンバーバル・コミュニケーション(Non-Verbal Communication)からなります。そしてチームで闘っている場合は、敵の方向などを仲間に知らせる必要がありますが、多くの場合ここでのコミュニケーションが接敵から射撃までのタイムラグの原因になっているのを散見します。

 例えば左側に敵の姿を捕らえた場合、「コンタクト・レフト!」などと大声で発して仲間に部隊の左に敵がいることを知らせますが、多くの場合で「コンタクト・レフト!」と言った後に初弾が放たれています。これは非常に勿体ないことで、接敵から射撃までのタイムラグを短くしたいのであれば、敵の姿を捕らえてその方向に銃口を向けて射撃しながらでも「コンタクト・レフト!」と叫ぶことは可能です。

(2)へ続く
  

Posted by Shadow Warriors Training at 00:14小ネタ