2018年06月20日

通常業務再開のお知らせ


 欧州でのトラッキング訓練を終え、昨夜帰国しました。通常業務を再開しますので、よろしくお願いします。

 今回は、オランダ海兵隊のトラッキング・インストラクター2名とチェコ陸軍特殊部隊員1名が指導員を務め、チェコ、ベルギー、ドイツ、アメリカ、日本から集まった軍人・警察官12名から成る学生部隊にて4日間に渡る訓練を受けました。足跡や痕跡の見つけ方を学ぶことから始まり、他の学生が通った森の中を痕跡を辿りながら追跡したり、ペアを組んで逃げる敵を追撃したり、最終想定では逃げながら絶妙な地点を見つけて伏撃を仕掛ける側と、僅かな痕跡を読み取って敵の伏撃地点を予想して対伏撃戦術を仕掛ける側とに分かれたForce-on-Force訓練を実施しました。

 そして最終想定では計3ヶ国からなるチームのリーダーに任命されましたが、なんとか無事に責務を全うし、勝利を収めることが出来ました。これまで色々な場所で受けてきたリーダーシップ訓練が活かされましたが、やはり課題もまだまだ見えましたので、引き続き精進したいと思います。

 まあ、この最終想定を日本で実施するには演習場でないと無理ですね。それか地権者から許可を得た山の中か。サバゲフィールドでは極々基本の痕跡の見つけ方しか実施不可能ですね。

 因みに、写真の中央にいるのが今回の主任教官です。  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:50お知らせ

2018年06月13日

臨時休業のお知らせ


 HPでは以前よりスケジュール表に載せていましたが、本日より1週間、臨時休業に入ります。本日出国し、ヨーロッパ某国にてトラッキングの訓練を受けに行ってきます。帰国は19日(火)の夜になります。

 トラッキングは、タクティカル・トラッキングやコンバット・トラッキングなどと軍隊では呼ばれており、偵察や斥候の技術の1つとして挙げられていますが、近年ではIED攻撃の現場から仕掛けたテロリストの痕跡を追って追撃に転じる際のマン・ハントの技術としても用いられています。また、欧米の警察では郊外や田舎における逃亡犯の追跡を始め、遭難者の痕跡を辿る技術をして救難救助活動にも用いられています。

 この仕事をしていると、LPの組み立て・編集や色々な事務作業に追われることから、自分を訓練する時間がなかなか取れませんので、臨時休業を取って自分のスキルアップをさせて頂きます。本来ならもっと日数を取って訓練と観光に行きたいところですが、今回も前後のスケジュールの都合から、ストレートで往復する訓練のためだけの渡航になります。

 渡航中はメールの確認は出来ますが、電話に出ることは出来ません。また、トレーニング申し込みのメールに対して直ぐに返答出来ないと思います(野外で3夜4日を過ごしますので)。よって、渡航中に頂いたメールは帰国途上に確認・返信させて頂くことになるかと思いますので、ご承知下さい。帰国後、通常体制に戻ったことを改めて本ブログを通じてお知らせ致します。  

Posted by Shadow Warriors Training at 11:18お知らせ

2018年05月14日

車両戦術コースについて


 先週より新たに開講した車両戦術コースについて、最も多く質問を受けたフィールドの必須付帯設備についてブログを通じて回答します。

 このコースでは「標的として使用可能な車両が必要である」としていますが、これはトレーニングでダメージを受けても問題のない車両が必要であるからです。当コースでは、車内から車外への射撃、車内からの脱出などを訓練しますので、自家用車を用いて問題ない方を除いて、付帯設備として車両が備えられたフィールドを確保して頂く必要があるからです。

 なお、「窓を下すことが出来る」とは、車外への射撃の際に実弾であればガラス越しに撃つことが可能ですが、BB弾では窓を下ろして撃たないと車内へ跳弾が発生するからです。また、フロントガラス越しやリアガラス越しの射撃も実施しますので、出来れば4面窓のない車両があればベストです(最低でも左右2面はガラスがないか、窓を下せる必要があります)。

 加えて、コースの後半では車両伏撃を行いますので、少々乱暴に扉を開閉させたり、ダミーのスタングレネードを投げつけたりします。よって、自家用車を用いて構わないという方は別として、フィールドの付帯設備として車両が必要かと思います。

 なお、コースの進捗状況にもよりますが、フィールドにバスが備わっている場合、セダン車に対する伏撃を演練した後にバス・アサルトの実施も可能です。バス・アサルトは列車にも応用できる戦術ですので、是非ご検討下さい。  

Posted by Shadow Warriors Training at 00:09お知らせ

2018年05月06日

車両戦術コース受付開始


 プロ用コースに新たに車両戦術コースを追加しました。このコースでは移動中の車両(あるいは車列)が受ける伏撃のパターンとそれらに対する対処要領に加え、敵の制圧や人質の救出を目的とした基本的な車両伏撃戦術を訓練します。

 このコースでは、標的としてダメージを受けても問題のない車両がフィールドの付帯設備として必要です。また、車両はドアの開閉が可能である必要がありますが、窓ガラス(フロント・リア・サイド共に)必要ありません。窓ガラスがある場合は、窓を下すことが出来る必要がありますので、コース予約に先立ち必ずフィールド側に車両の状態を確認して下さい。

 なおこのコースへの参加資格は、FP2、FR2又はFS2の修了が必須であり、SUT-Bの修了を推奨としています。詳しくはこちらまで。

 皆さまからの受講申し込みをお待ちしております。  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:48お知らせ

2018年02月25日

プロ用コースの改定について


 プロ用コースの一部を改訂します。これまでCQBは2コース体系でしたが、内容の充実化を図るために3コース体系とします。

 SUT-CQB 1Aでは建物へのアプローチ、廊下や階段の移動要領と脅威への対処要領を訓練します。SUT-CQB 1Bでは様々なタイプの部屋へのエントリーを始め、室内の障害物や接続する部屋への対処要領などを訓練します。なお、これまで通り、こちらのコースへの参加にあっては、SUT-Bを修了している必要があります。

 そしてCQB 1Aと1Bの修了者は、SUT-CQB 2へと進むことが出来ます。このコースでは、スナイパーとの連携、ホステージ・レスキューやフラッド戦術を訓練します。

 また、CQB 1Aと1Bは「実射」なしでの訓練も可能です。その場合は、隊舎や庁舎内などでも訓練が可能ですので、陸自普通科(及びそれに準ずる部隊)や機動隊銃器対策部隊などに所属される方々は、「実射」なしの場合に限りSUT-Bを修了していなくとも受講が可能ですのでご検討下さい。

 詳しくはこちらをご覧ください。

 以上  

Posted by Shadow Warriors Training at 23:32お知らせ